<< 陸前高田BBQ炊き出しレポート5 終わり | main | 第2回JAPAN MEATING@陸前高田 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
第2回JAPAN MEATING@陸前高田 1
 去る6月3日(金)、第2回のJAPAN MEATINGを前回と同様、岩手県陸前高田市特別老人ホーム「高寿園」で開催しました!

前回は本当に有り難い事に、みなさん喜んで下さり、今回も開催させて頂ける事となった。
今回は平日と言う事と、仮設住宅や親族や知人の家に移られた方もいらっしゃると言う事で、人数も少し減っているだろうと予測して準備させて頂きました。
本当に刻一刻と状況は変わっている。
こちらからの参加人数も、前回は大型バスと中型の2台だったが、大型1台に絞り、約60名の参加となり、私は前回は保冷車で野菜を積み込んだり、肉のピックアップ等もあった為、前日の朝に出発しなければいけなかったのだが、今回は本当に殆どの準備を横浜妙深寺で行って下さったので、夕方に新幹線で横浜へ向かわせて頂いた。


本当に前回以上の段取りの良さと、経験を踏まえた準備により、着いた頃にはもう既に積み込み等は終わっていた。申し訳ありません…

実は、今回は平日の為29ersの参加者が少なく、カタチは主催とさせて頂いたのだが、資材から肉を除く食材まで全て妙深寺でお世話下さった。
そういった事を恩着せがましく言う人も居なければ、鼻にかける人もいない。
こちらとすれば本当に恐縮の至りで、申し訳無いと思っているのに、逆にありがとうと皆が言われる。
本当に素晴らしいと心から思う。
29ersのBBQ炊き出しを共にさせて貰う事を誇りに思う。
私も共に、そういう姿勢を学ばせて頂き、現場に於いてもそういう気持ち、貴重な経験をさせて貰っているという気持ちで臨めているからこそ、またこうして炊き出しをして欲しいと言って貰えるのだと思う。
ありがとうございます。

さて、前日の2日までは、ご存知の通り以上に早い梅雨入り、台風の影響で全国的に豪雨に見舞われ、関西は2日には雨足も弱まり、不安は減ったとはいえ、雨を追いかけるカタチになるので、非常に天気が不安だった。
我々は雨に見舞われても勿論決行するつもりだったが、実際には現地の方の健康状態等を考えると、晴れている方が望ましい。BBQ炊き出しなのだから当然だ。
横浜に着いた時はやはり雨雲に追いつき雨。
夕方には資材と材料を積んだトラックは先発し、22時頃に我々も出発。
3日早朝5時に前回同様長者原SAを目指す。



安達太良SAにて。
やはり2回目だと、あまり苦にならない。
ここで黄色いTシャツを来た外人の集団が居た。長松ご住職がどこからか聞くとモルモン教でアメリカから来ているらしい。凄い事だなと素直に思う。
負けてはいられないと、気合いを入れ直す。勝ち負けでは無いが…

4時半過ぎに長者原SAに到着。



ここで京都組と合流。
右から2番目は妙深寺にブラジルから来られているフェレイラ拍是師。日本語、英語とも全く話されないが、南米らしい明るくて気さくな方だった。
京都組は真ん中赤いブルゾンの神田氏が、本格インドカレーチェーン店のタージマハールから200食分のカレーとナンを協賛して頂き、持ってきて下さった。
左から、前回に引き続き参加の植高さん。前回は殆どの道程を運転して下さった。
次にJBBQA(日本BBQ協会)の上級インストラクターにして吉本若手芸人の竹田くん。今回は本格的に肉焼きチームの核として動いて貰う。
神田氏の右は、京都妙福寺の松本現薫師。実は入れ替わりだが、同じ龍谷大学ラグビー部出身。
一番右は、今回の陸前高田入りで重要なセレモニーの為に御尽力下さった福原氏。それに関しては後程書きます。

やる度にバラエティに富んで行く。

今回も成功の予感。
勿論気を緩めてはいけないし、緩めてはいない。
そうなってしまっては意味が無い。
でも天気がそれを望んでいる様だった。

続く
| JAPANMEATING | 02:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:49 | - | - | pookmark |
comment
comment write









Trackback URL
http://29ers.jugem.jp/trackback/98
Trackback