<< 肉を愛する者達へ | main | 陸前高田BBQ炊き出しレポート2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
陸前高田BBQ炊き出しレポート

今朝自宅に戻りました。
本当に怒涛の2日間。
もう2週間前位から打ち合わせや確認事項やらで睡眠が満足に取れない状態が続いたけど…
でも、そんなのぶっ飛んだ。
偽善と思われようが、構わないという気持ちです。
そんな風に思う人はこの大変な状況をキチンと感じている人ならまず居ないと思うけど。
でも、人間は弱い。
感情に支配される時がある。
現地の人も同じ。
震災直後から状況は刻一刻と変わっている。

前回のブログで告知させて頂いた様に、昨日29日、陸前高田の施設で29ers主催のBBQ炊き出し、JAPAN MEATIGを開催させて頂いた。
沢山の協賛や後援を頂き実現したこの支援活動は、参加して下さった皆様、応援して下さった皆様、何より現地の方々に沢山の笑顔と、勇気、絆を共有出来た最高の炊き出しだったと実感している。
支援活動に上下や格付けなんて無い。
でも、そう思える様に十分な準備や段取りを重ねて重ねて来たのは間違い無いし、今回初めて顔を合わせる人が多数いたのに、たった二日間で共有出来たものの大きさは、自分の人生の本当に貴重な経験になった事に疑う余地は無い。

まず、不肖の身ながら今回主催として立てて頂いた私から、協賛下さった皆様、何週間も前から準備段取りをして下さった皆様、陰ながら応援下さった皆様にまず感謝の意を表したいと思います。

本当に本当にありがとうございました!!

現地の皆様には本当に本当に喜んで頂きました。
そして特に、今回我々が開催するずっとずっと以前より、現地で震災直後より継続して支援活動を行って来た方々の協力は、私を含め初めて支援活動するメンバーにとって、どれだけ心強い助けになったか…その方々の地道な活動があったからこそ成功した事をもう一度感謝したいと思います。
ありがとうございます。
被災地にはそういう方々が沢山いらっしゃいます。
そういった方々の後方支援も本当に大事な事だと実感致しました。
頭が下がります。
小さな希望を重ねて重ねて、そして大きな力にしていく。
その事を教えて頂きました。

今回のレポートは一回では書きつくせないので、まず最初の写真として、凄惨な状況の中においては小さな力でも、確実に、力強く希望を与えるこの写真を載せたいと思います。



津波に丸ごと呑まれ、咲かないだろうと言われていた桜。
現地に着き、凄惨な現状を目の当たりにし、ショックを受けた我々を励ますかの様に、空に向かって力強く咲いていた。
自衛隊や現地の方々の努力により整備は進んでいるとはいえ、辺りは瓦礫の山。
本当に力を頂きました。
負けないという誇りを教えてくれました。
ありがとう。

| JAPANMEATING | 17:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:57 | - | - | pookmark |
comment
本当にお疲れさまでした。現地の方々に喜んでいただけたというご報告、ありがとうございます。心から感動と勇気をいただきました。

続報、まっています。ありがとうございます。
| Genkun M | 2011/05/01 4:09 PM |
現薫師、ありがとうございます。本当に貴重な2日間でした。みなさんの協力、そして熱意、愛情、ポジティブな気持ちが溢れていました。被災地の方の心情を考えれば考える程不安が募っていき、始まるまでは、緊張しっぱなしでしたが、沢山の笑顔を頂き、我々の方が救われた気がします。気持ちは通じるという、大きな勇気を頂きました。これまで現薫師達が物資を運んだり、地道な努力をして下さっていた事が最も大きな成功の理由です。ありがとうございます。
| kravolta | 2011/05/01 5:21 PM |
comment write









Trackback URL
http://29ers.jugem.jp/trackback/93
Trackback