<< チャリティTシャツ!と次回JAPAN MEATING! | main | 震災から5カ月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
汚染牛…この呼び方は心が痛む
 セシウムが基準値の12〜14倍。
飼料の稲藁が汚染されていたせい。
この原因は畜産農家には飼料に対する警告が政府から通達されていたが、稲藁を出荷する農家には通達が無かったかららしい。
ニュースで悲嘆にくれる畜産農家の人達。
全国で既に食べてしまっている人達もいる。
去年の口蹄疫から、特に牛肉には被害が多い。
としては誰もが大好きな牛肉だけに、影響は大きい。
昨日スーパーにより食コーナーに行ったら、まだ国産牛としか表示されていない。
「え?いいの?」
と思ったが、この辺が政府の反応の遅さなんだと思う。
これがもし大統領制ならもっと早いのかな…と思ってしまう。
責任をもってバシバシと対処していって欲しいものだ。

さておき、何より私が心を痛めるのは「汚染」という言葉。
これだと何も罪の無いが可哀そうだ。
何もは人間に食べられる為に生れて来たのではない。
我々が有り難くその命を頂いている、むしろ敬意を払わないといけないのに…
明らかに人間のミスで汚染されたのだから、罪悪感が募る。

こんな事感じるのはワタクシだけだろうか?
う〜ん…。
| Dairy | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:02 | - | - | pookmark |
comment
comment write









Trackback URL
http://29ers.jugem.jp/trackback/106
Trackback