スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
肉類、魚介類の勧め
 http://www.suko-clinic.jp/araki5.html

1129の日が過ぎた今日、最高のテンションでを楽しんだ後…
ちょっと調子に乗りすぎたのでは…と考えている人も多いでしょう。
朝気になって、起きて一番に体重計に乗った人も数えきれないでしょう。

とにかくこのリンクを読んで下さい!
好きの友人に教えて貰ったんですが、なるほど。と納得してしまいました。

以前からワタクシが友人たちに豪語してきた事が実証された訳です。
食うと体が調子いいんだよな…マジで!」
この発言に、
「ただが食いたいだけだろ?」
と返されるのがオチでした。

今すぐ読め〜い!

食生活というのは勿論栄養だけではなく、その人々の価値感や趣向があるから、決して菜食主義者を非難するものではありません。
宗教の観点もあるだろうし、動物愛護をモットーにしている方もいるでしょう。
元々生き物は他の生き物の命を頂いて自分の命を長らえるという宿命がある。
少なくともワタクシは自分の責任として、残さず頂くというポリシーを持っている。

笑うかも知れないが、に敬意を払っている。

またグダグダになりそうなのでこの辺で…
とにかく読んで下さい。
| Recommend | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
29の日企画
 いや〜。
やってるね!巷ではこれでもか!ってぐらいに。

ドーン!



RODGE(ロッジ)の29の日限定でステーキランチが1580円がなんと1000円に!
150gのロースのステーキだからボリューム満点だし…
それに女性は特に嬉しいサラダバー付き!
ここの店主、間違い無く筋金入りの29ersです!



RODGE
http://r.tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26017172/
| Recommend | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
11月29日!!
 来た〜!



いつもの日は忙しくて逃す事が多いけど、今日はやるぞ〜!!

みなさんは何か企画してますか?
イイ肉の日だからって、高級なを食べないといけないって訳じゃない。
イイ肉=みんなが笑顔いっぱいで食べる
だから、でもでもでもでもでもいいんです!
そのに感謝して残さず食べよう!
ルールはそれだけ。

ONE SOUL AROUND THE MEAT!!
LET'S HAVE A FUN !!
を楽しもう!






ニョホ
| Dairy | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LOVE.
 LOVE MEAT TENDER…

| Dairy | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イイ肉。
 もうすぐ「イイの日」
どうしよっかな〜♪



ニョホホ♫
| Dairy | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
牛肉せんべいとシモフラ手拭い!
牛肉好きですか?
YES!
毎日食べられますか?
YES!I hope so...but...
そうなんです。
みんな好きだけど中々毎日は食べられない。
でもやっぱり見ると食べたくなる。
そんなの魔法にかけられた我々29ers
あなたのお悩み解決致します。
これです。





なんと本物の牛肉そぼろ入り、大阪の老舗あられメーカーから、今回のフェスで是非広めたいとお願いし、直接卸して貰いました!
これがホントにくせになる美味しさ!
京都祗園や大阪新地の高級クラブで出される、知る人ぞ知る一品です。
75gで300円と決してポテチ感覚ではないけど、後悔しない美味しさです!
270gは900円でお得です!
突然前触れもなく訪れるの禁断症状に即効性アリです!


それともう一つ!
今回限定で作ったシモフラ手拭い!



(写真より赤はもう少し明るい朱赤になります)

京都の老舗染工場、馬場染工で作ったオリジナルです!
ここはあの京都伊〇〇門カフェのオリジナル手拭いや某海外有名ブランドのスカーフなんかも染めている所で、なんとかお願いしてやって貰いました!

手拭いらしく、朱赤1色に柄を直してやってみたら中々良い!
手拭いは台所の必需品だし、それに汗をかく仕事の人や飲食店の方には重宝されるモノ。
数に限りがあるのでこの機会にぜひ!


(イベントの朝アブに刺されて目が腫れてます…がワタクシ代表です)
よろお願いします!

| Products | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
しぶやフェスティバル
 みなさん大変ご無沙汰しております。

一部の方に「辞めたの?」「全然書いてないじゃん!」なんていわれてしまいました。
ご心配頂いた方にはこの場をもちまして感謝致します。
ありがとうございます。
どこの馬のともわからないワタクシ達に目を掛けて下さっているのに、そんな恩知らずの自分がいです。

さて、去る11月5日6日に東京は渋谷のど真ん中、代々木公園で開催された「しぶやフェスティバル」に参加させて頂きました!
これは渋谷区が主催で、約90万人の集客がある大イベントです。
偶然にも参加のチャンスを頂き、「YES!」即答しました。

これまで3回もの大規模な炊き出しを開催させて頂いてはいるものの、こういったイベントへの参加は初めてで、右も左もわからず少々戸惑いましたが、なんとか大成功致しました!
今回もUSMEAT様の後援を頂き、極上ステーキ串(80g)を炭火焼きでセットで300円で提供しました。
これはかなり安いし、上カルビに相当するモノ、もビタミンたっぷり肩ロース肉
しかも売り上げは全て被災地への募金に充てるという誰もがハッピーになれる企画でした!

スタッフはみんなボランティアで集まってくれた、元気いっぱいの好きメンズ、レディース、キッズ達!
こりゃ売れない訳がない。

日曜日はあいのお天気でしたが、29ersの上空だけは雨雲が遠慮したという盛況ぶり。
今回はバタバタして(いつもでしたっけ?)また告知が十分にできませんんでしたが、今回フェス限定で売ったオリジナルチャリティグッズはサイトで継続して販売中なので、購入して支援に参加しませう!

スナップ写真、レポート詳細はサイトで確認して下さい!


来て下さったみなさん、応援して下さったみなさん、それから最後まで笑顔で元気いっぱいで頑張ってjくれたスタッフのみんな、ありがとう!!
これからも地道に頑張ります!!



| JAPANMEATING | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3rd JAPAN MEATING@陸前高田市立小学校「うごく七夕」
 夕方になっても行列は増えるばかり。
現場の監督をして下さっている野崎さんが終了の目処を18時にしようと仰った。
この野崎さんと言う方は、ボーイスカウトの指導をされている方で、(勿論お仕事もされている)
キャンプや野外での活動の準備、機材や備品等の準備や設営、徹営を管理をして下さっている。
本当に頼もしい方だ。
御年は若くは無いが、とにかく明るくて気さくな方で、何より元気な方だ。
皆さんそうだけど、目が生き生きとしている。
およそ人生の後半に差し掛かるワタクシにとっては、良い目標で居て下さる。
頑張らなければ!素敵な大人になる為に。生き生きとした人生を送る為に。
この日は昼前からずーっと作業に追われ、考えている暇は無いが、ところどころで休憩する時にそんな事ばかり考えていた。

いよいよ先が見えてきた。
ここで付け合わせのトウモロコシが無くなった。
実はトウモロコシは280本程仕入れていて、これを先に6等分して準備していたので、ざっと計算すると…
280×6=1680
ここから更にステーキとポテトだけでかなり出したので、ゆうに1700食以上提供したことになる。
最後に皆で確認した時には、全員驚いた。



当初、1000人位が対象とお聞きしていたので肉は豚肉200kgを想定していた。
でも長松ご住職のお計らいで、牛肉も食べて頂こうと言う事で100kgご有志頂いた。
これが無ければ夕方になる前に終わってしまっていた。
有り難い事だ、より多くの方に食べて頂き、元気を出して頂きたいと言う意味でも。
まだまだ並んで頂いていたが、残り数量が見えた時点で列を切らせて頂いた。
その後に並んで下さっていた方には本当に申し訳無い気持ちでいっぱいだったが…
終了が見えた時点から徹営を始めていたので、完全に徹営が終了した時間はキッチリ18時。



感無量。
ブースで記念撮影!


みんないい顔してらっしゃる!

その後隣のブースの主催者の福田さんの所へ行き、無事終わりましたという報告と、参加させて頂いてありがとうございましたと申し上げ記念撮影。
真ん中の水色の方が福田さん。
まだ次の日の月曜までお祭りは続くので、福田さんはまだやるべき事が残ってらっしゃるのだが、
屋台はこの日まで。
福田さんも予想以上に盛り上がり、一安心されていた事だろう。
本当にお疲れ様でした。
月曜はゆずの2人がライブを行う。
この二日間以上の人が来場されるかも知れない。
成功を祈りつつ、小学校を後に…

帰りに一関の温泉で二日間の汗を洗い落した。
今から振り返ってもあっという間の怒涛の二日間だった。

この貴重な経験を今後に活かさなければ意味が無い。
これを伝え、忘れない様に、人が喜ぶ、笑顔が生まれる事が29ersの基本理念である事を再確認して頑張ろう。

ここでもう一度、これまでの炊き出し活動の集大成、節目として、応援して下さった方々にもう一度御礼を申し述べます。
本当に、本当にありがとうございました!
皆様のお陰をもちまして、3回の炊き出しは成功を収める事ができました。
このお祭りは、最初にも申し述べました通り、現地の方々による震災後初めてのイベントであり、まさに本当の意味での復興の第一歩です。
勿論被災地はここ陸前高田だけでなく、広範囲に及び、土地によって復興の進み具合は違います。
それは何よりも継続的な支援を必要とし、そのカタチも刻一刻と変化していきます。
皆様に置かれましては、ニュースや報道だけでは無く、心を澄まして注意深く現地の声をお聞き頂きたく存じます。
我々も出来るだけ多くの情報をお伝えし、関西や関東、各地で被災地支援のイベントを開催したいと考えております。
どうか皆様、今後とも応援の程、宜しくお願い致します。

代表のワタクシはまだまだ未熟で、足りない部分が多々御座います。
何卒今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

ありがとうございます。






TWENTY NINERS代表 倉田謙志


| JAPANMEATING | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3rd JAPAN MEATING@陸前高田市立小学校「うごく七夕」
 野営場所まで戻り、心地よい疲れとともに、充実感の余韻に浸る。
昼の食材の残りと軽食とお酒も少しあった。
火は焚いていないが、キャンプファイアーの様な雰囲気。



辺りは電灯を消すと真っ暗。
各自懐中電灯を持参しているので、テント内はそれを頼りに場所を確認する。
お腹が落ち着き、張っていた気を少し緩めると、急激に眠気が襲う。
妙深寺の教務の方々は、震災後まだきちんと供養をしていないという方の家に向かい、供養をされる。
1カ月以上前から現地とのやりとり、赴いて打ち合わせ、さらに前日からずっと準備して下さり、しかもここまで運転もして下さった。
少しも文句も漏らさず、笑顔で明るく、最善を尽くされる姿勢に心から尊敬する。
僕らが生活している所は、やはり平和で、被災地の事はテレビの1シーンの様に感じている節があるのは否めない。しかも関西は電力の心配もさほど無い。
世の中に対する姿勢自体が違うと思う。
ワタクシも、自分なりに一生懸命考えて、頑張っているつもりだが、まだ足元にも及ばない。
自分の事で精いっぱいだ。
縁あって被災地支援をさせて貰う事になり、分不相応の代表という肩書を使わせて貰っているが、ここで学ぶ事はただ救援活動を学ぶだけでなく、人それぞれの「生」を体感し、考え、活かすという、決してこれだけでは終わらない、連鎖して分岐していくそのスタート地点にいる、という気がしてならない。
上手く表現できないが、その非常に重要なポイントで何をすべきか?という事を、何の迷いも無く行動できる方々と一緒に行動している事自体が更に勉強になる。
そんな事を考えながら、初めての寝袋で眠りについた。

7日の早朝6時に起床。
やはり10分程寝坊した。
やはり疲れていたのだろう、さっき寝たばかりと思ったのだが…
飛び起きて先にキャンプの片づけをし、荷物を2tトラックに積み込みをしてしまう。
それから、この高台から陸前高田市街を見下ろせる場所で、亡くなられた方々、未だ行方不明の方々のご供養を全員でさせて頂いた。
今日は「うごく七夕」本番。どうかみなさんと共に楽しみ、元気な顔をみて頂き、安心して成仏して頂きたい。
それからこれからもこの地で頑張って生きて行く人々を見守って下さい、そう御祈願させて頂いた。



それからまた陸前高田小学校へ。
この日は10時よりお祭りがスタートする。
恐らく朝一からステーキはそんなに出ないだろうが、とにかく早く準備を済ましどんな状況でも対応できるようにしておく。

炭をおこし、豚肉の筋切りやミートハンマーで叩いたりして準備を進めながら呼び込みをしていると、午前中でも肉好きの若い子達がちらほらと集まりだした。





昨日も来てくれた子達がまた来てくれたり、スタッフの方が来てくれたりして、昼に差し掛かる頃には行列が…

ここからはずーっと行列が切れずに続いていた。
この日は丸一日という事で牛肉50kg、豚肉130kgを用意していたのだが、いささか多いかなという気もしていた。
肉は解凍してしまうと足が早い。
でもそんな心配をしている暇も無い位にドンドン肉が出て行く。
付け合わせのトウモロコシも含めて5台のBBQコンロはフル稼働!
牛肉も豚肉もドンドン焼かないと追いつかない。
ここで焦って焼きが甘くなってもしもの事があってはいけないから余計に焦る。
行列の人は増えるばかり。
折角提供して頂いた肉だから全部美味しく食べて貰いたい!その気持ちで一心に焼き続ける。
でもみんな喜んでくれるから突っ走った。






それにしても女性は強い。
ワタクシを含めた男性陣よりもずっと忍耐力があるし、やはりこういう作業は段取りから進行まで無駄が無い。
本当い凄い!女性陣の皆様、本当にお疲れ様でした!心から尊敬致しております!

そうこうしているうちに、24時間テレビ?の収録の為に関ジャニの2人(誰か知らない)が来ていた。
後ろには中高生の女子の行列。
前を通ったが煙たそうにしていた。



ハッキリ言ってちょっとムカついた(笑)
タレントと言えど、このお祭りが、どういう方々がどういう気持ちで行っているのかわかっているのかな?
もともとテレビはあまり見ないし、特にどこにでも顔を出すジャニーズは特に嫌いな私だけど、余計に嫌いになりました(笑)
そんな事よりメインはお祭り。
忙しくてあまり良く見れていないけど、子供や大人が一緒になって太鼓を叩いたり、山車が校庭を賑やかに動き回ったりと、ホントに来てる現地の人達は時間を忘れる様な、楽しい時間だっただろうと思う。






5か月ぶりのこういうお祭りは、本当に夢の様な時間だっただろうな…
何度も書くが、参加させて貰えて良かった。
こんな思い出を共有させて貰えるなんて、幸せという言葉以外見当たらない。

夕方に差し掛かり、2件隣でアイスクリームを売っていた秋田の看護学校の子達が挨拶に来てくれた。
明るくて可愛らしい子達ばっかりで、笑顔が素敵だった。
僕達に負けず劣らずの元気一杯の呼び声で頑張っていた。
予定販売量が終了次第終わるという事だったので、先に終わった様だ。
ありがとうお疲れ様でした!



僕らもまだまだ行列が続いているので負けない様に頑張ろう!
それにしても良く売れた。
募金形式だったのだが、ポンと千円入れてくれる人もおり、中身が見えないので分からないが、結構溜まっていたと思う。
観光で来られ、この地でお金を使おうと思って下さっているのが凄く伝わる。
人と人はこうやって気持ちを繋げて行くのだな、と今更ながら実感した。


続く

| JAPANMEATING | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3rd JAPAN MEATING@陸前高田市立小学校「うごく七夕」
 15時になり、校内放送?でお祭りの開始の合図と共に、子供たちが引く山車が、賑やかな太鼓と掛け声とともに校庭に入って来た。




少し照れくさそうに、控えめな表情だった。
それはやはり、子供たちそれぞれに、抱えるものがあるからだろう。
子供達だけでなく、運営するスタッフの皆様も同じ事だと察する。
でもここからが、色々な意味でスタートだと思う。
乗り越えて行かなければいけない事は沢山あるだろうし、僕らはそれをしっかりサポートしなければ。

お祭りの始まりは穏やかな感じだった。
手の空いているスタッフの方や、周りのブースの方たちがまず来てくれた。
天気は快晴。
前のブログの駐車場の写真は校庭の海側なのだが、ここから気持ちの良い海風が吹き込んで暑さを緩和してくれている。
以前はこんな風は感じなかったそうだ。
以前の風景は分からないが、建物が建ち並んでいたのでここまでの風は無かったらしい。
そうこうしているうちに人は増え始め、最初は2台で対応していたが1時間程で4台フル稼働になっていた。
用意したのは牛肉はリブアイステーキと、ポークの肩ロースステーキ。
リブアイステーキは塩コショウで、ポークステーキは提供頂いたさっぱりしたポン酢ダレにおろしニンニクを加えたソース。
そこに焼きトウモロコシとマッシュポテトを付け、見た目もバランスの良いステーキプレートに。
今回は牛100kg、豚200kgを用意した。




やはり、最近の牛肉事情で豚肉の方が最初は人気があった。
牛肉はどこの牛肉ですか?と聞かれる方が多かった。
我々が提供を受けている肉は、全て米国からの輸入牛なので問題無い事を告げると大丈夫なのだが、やはりどこかで心が痛む。
今回の目的は元気になって頂く事が第一なので、これでいいのだが…
この問題は解決の糸口はあるのだろうか…?
だけど今は目の前の事に全力を、と気持ちを切り替え、大きな声で
「ステーキはいかがですか〜!」
と明るく呼び込みをしていると、香ばしい肉の焼けた香りも拍車をかけ、行列が出来ていた。


代金を頂かない募金形式だったのだが、みなさん快く募金をしてくれた。
金額は関係ないし、勿論タダでも提供した。



牛肉も勿論だが、豚肉は特に火をしっかり通さないといけないので蒸らし焼きをしたり、工夫を凝らしていたが、それでも追い付かない。
またまた嬉しい悲鳴をあげながら全員フル稼働しているうちに、気が付くといあたりはうす暗くなり始めていた。



ワタクシの個人的なイメージだが、お祭りは夜が一番雰囲気が出る。
既にこの辺から時間の感覚が無くなってきていたのだが、夜になると一層雰囲気が出て、
人も増えていた。



この光景を見て、心のどこかにあった不安は解消された。
盛り上がって欲しいという気持ちと、盛り上がっていいのか?という気持ちがやはりワタクシ自身にもあり、現地の方のお顔をみないとわからなかったからだ。
誰もその事は口に出さないので分からないが、信念を持って臨んでいても、被災者の方に起こった事を鑑みればやはり迷う。
この状況、皆さんの笑顔や笑い声をに触れれば、迷う事などないのだが、まだまだ自分自身は芯が、信が弱いのだな、と反省する。
妙深寺のみなさんは恐らく揺るぎない信を持って臨まれていたのだろう。
この気づきを今後に生かさねば。

気を取り直し、前夜祭ラストスパート!
盛り上がりは最高潮に。
写真の通り、恐らく近くの町内から続々と威勢の良い掛け声と、太鼓の音と共に賑やかな山車がまばゆい光と共に集まってくる。
凄い!勿論初めて見るこの「うごく七夕」なのだが、太鼓の音が凄く心の底を揺さぶる。
本来なら12の町内全てがこの様な山車を持って町中を練り歩くのだから、スケールも何倍も大きい事が伺える。
はたして今年のお祭りを見て、現地の方々はどのように感じたのだろう?
後日やっていた報道ステーションの特集では、父が毎年太鼓を叩いていた姿に憧れていた少年の話が取り上げられていた。
同じ様な想いを持った人達が沢山いたに違いない。
さみしい想いがあっただろう。涙を流す人もいただろう。
でも、今年のお祭りに残念ながら参加できなかった人達は、喜んでいるに違いない。
心は肉体が無くなっても消滅しない。
そんな想いを繋ぐ為のお祭りなのだから。

よし、その人達の為、いや、人だけでは無い、可愛がっていた犬や猫、一本だけ残ったあの松林、あの桜の木の仲間達、沢山の生き物の為にこれから頑張ろう!
そう思って頂けたら本当に嬉しい、有り難い。
そのお手伝いをさせて頂けた事に感謝したい。
もし今年はそんな気持ちにはなれなかった人がいたとしても、これからもこのお祭りは続く。
その再スタートを切れたのだから。
ジーンとそんな事を考えながら肉を焼き、声を張り上げて笑顔で話す。
不謹慎かも知れないが、幸せな時間だった。

あっという間に6日の予定分が終了。
予定よりも1時間程早かった。
ありがたい。



みなさんお疲れさまでした!
7日は朝10時のスタート、この日の倍の肉を焼く。

続く
| JAPANMEATING | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/12PAGES | >>